SSブログ

アンドリュース記念館(旧近江八幡YMCA会館) [近江八幡]


 今回は近江八幡にあるアンドリュース記念館です。
旧近江八幡YMCA会館といえばわかる方が多いと思います。
(初代1907年竣工、二代目は1935年竣工、木造二階建)

 この冬に改修工事を行っていたのですが、改修も終わりきれいになっていました。


 この建物は、ヴォーリズが始めて手がけた建築です。
アンドリュース記念館と呼ばれるのは、この建物がハーバード・アンドリュース家より送られた資金を基に建てられたからです。


南西から見た建物

 煙突上部の意匠がヴォーリズ建築特有のものです。


北西から見た建物

外壁には、ヴォーリズ建築特有のざらざら感がありません。(このざらざら感については、別の建物で紹介します。)
おそらくは、改修時に変わってしまったのでしょう。改修前の建物を良く見ておくべきでした。


北東から見た建物

 屋根は入母屋になっており、和風建築をイメージしてしまいます。
もっとも和風建築にしては屋根の出が浅いです。

和風建築の意匠はこの建物の所々に見られます。


 外壁に空けられた”化粧小舞”の開口部。和風建築では土壁の下地に用いられる小舞を、開口部でこのように見せる場合があります。
見えているのは葦小舞のようです。おそらくは化粧だと思います。

 この建物はもともと土壁だったのでしょう。残念ながら改修時には合板を張っていましたけれど。


 これもまた和風建築に良く見られる”吉野窓”です。

 ヴォーリスが始めて手がける建築。しかも日本においてということで、ヴォーリズも和風建築を意識したのかもしれません。
他にはあまり見られない特徴です。(私が知らないだけかもしれません・・・・)

 これから数回、近江八幡のヴォーリズ建築を紹介してみます。

アンドリュース記念館


宿探しなら「JTB旅館・ホテル予約」


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 3

コメント 2

しばちゃん2cv

こんばんは
旧YMCA会館懐かしいです。
学生の頃、近代建築をたまに見にいっており
ヴォーリス建築群を見るため、初めて近江八幡市に足を踏み入れたのでした。
あれは二十歳の頃・・・(遠い視線)

写真がきれいです!
by しばちゃん2cv (2007-06-11 21:20) 

しばちゃん2cv

読んでいるブログ登録ありがとうございました
by しばちゃん2cv (2007-06-11 21:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます